EQC働くBLOG

働くこと。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. はたらくこと
  4. PDCA?今、企業に求められている人物像とは。

PDCA?今、企業に求められている人物像とは。

PDCAとは、

  •  Planー計画
  •  Doー実行
  •  Checkー評価
  •  Actionー改善

これらの頭文字をとった

ビジネスパーソンには

お馴染みのマネジメントサイクルです。

セルフマネジメントサイクルとして

「自分PDCA」を

上手に使いこなせている方は

一様に「仕事ができる」と

される方が多いと思います。

そして、「そのサイクルを高速でまわしまくる」

ことが出来る方は、「仕事ができる」の

その上のランクの方々といったところでしょうか…。

(わかっちゃいるけど、これがまた難しいですね。)

持つべきコア要素、新PDCAとは


さて、表題にあるPDCAですが、

PDCAサイクルのそれとは違います。

「これからの世の中で求められる人物像」

と言われ、様々なグローバル企業が

ささやきだした、持つべきコア要素、

それが新PDCAなのです。

 

では早速いってみましょう。

 

  • P ーpassion  情熱
  • D ーdiversity 多様性
  • C ーcreative  創造性   
  • A ーactive        能動的、活動的
  • +α A ーagility 軽快さ、機敏さ

 

ひとつづ解説していきましょう。

 

P ーpassion  情熱


情熱は行動の原動力となり、

行動にたいする源となります。

情熱がある人は、不可能なことを可能にする

行動力と熱量を持ち合わせています。

 

D ーdiversity 多様性


多様性を認め、否定せず、

意見をぶつけるのではなく、

お互いを尊重し、

それらを上乗せすることで

未知の領域、

すなわち新しい価値を生みだすことができます。

イノベーションはdiversityなくして起こりえません。

 

C ーcreative  創造性 


マニュアルと対比のものであり、

違ったものを繋ぎ合わせる独自の新たな価値をうみだす力。

オリジナリティでもあります。

創造性は、ゼロから1をうみだすには

必要不可欠な要素です。

 

A ーactive        能動的、活動的


受け身で待っていても何事もはじまりません。

自らの意志で動くことが能動的であり

活発な行動は、結果をもたらします。

(行動の方向性と戦略も大切ですね)

 

 

そして+α。

こちらも併せて装備できたら完璧

 

+α A ーagility 軽快さ、機敏さ


軽快さとは、

「時に応じて心の働きや動作がすばやい」

ということを言います。

「時に応じて」

タイミングやその時の様々な状況を踏まえると

これがなかなか難しい時がありますが

この「時」を読み、掴んで素早く行動に移せるかどうか

ということは成功や結果に結びつく

とても大きな要素だと感じています。

 


この新PDCAは

社会人として持つべき人間性、物事へ取り組む姿勢であり、

基本的でありながらも、

実は本質を捉える事ができていなかったり、

実際には実行できていない要素ばかりです。

 

変動的な世の中であるからこそ、

自分自身の芯をつくり、

しなやかに対応できる人である価値というのが

大きいということなのではないかと思います。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
月を選択

検索